【ここで差をつけろ!】家で集中力を高めるコツ6選

のアイコン画像

家での作業って集中できない.

新型コロナウイルスによる外出自粛により,家で作業する方が多いと思われます.

普段は違う場所で作業しているのに慣れているので

このような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

多くの人が勉強の場として利用する図書館やカフェを利用すると思います.

しかし僕は自宅だけでテスト勉強を頑張ってきました.

そこで今回は僕の経験を元に,家でも集中できるコツを紹介したいと思います.

こちらの記事は次のような方におすすめです.

・家で作業することが多い方.

・集中があまり持続しない方.

・作業の生産性をあげたい方.

目次

スマホを視界の外に置く

むらしんのアイコン画像むらしん

これは最も効果がある方法だと思います.

人は視界にスマホがあることですぐに触ろうとしてしまいます.

そしてスマホの存在が集中力を阻害してしまいます.

SNSやスマホゲームなど気になることはたくさんあります.

集中する時はスマホを視界の外に置きましょう.

視界に入らないことでスマホのことを忘れる時間が長くなり集中力は持続します.

電源をオフにするとすぐに触れないのでより効果が高まります.

To doリストを作成する

To do リストを書いて視界に入りにくいところに貼り,それを忘れて作業に集中しましょう.

頭の中であれこれ考えながら作業するとその作業に対する集中力が低下します.

それにより作業効率も下がってしまいます.

これを防ぐために,やるべき事は何かに書き出して一度頭の外に置き,今やっている作業に集中しましょう.

むらしんのアイコン画像むらしん

僕は付箋を使っているのですが机周りは付箋だらけです.

軽作業は先に片付ける

To do リストに書くほどではない軽い作業は先に済ませましょう.

いくらTo doリストには書いたとはいえ,完全には忘れる事はできないと思います.

そこで,家事など「後でやろう」と先延ばしにしがちで且つ軽い作業は他の作業を始める前に済ませましょう.

やらなければと頭の一部で考えながら作業してしまうため集中できなくなってしまいます.

先に終わらせて作業に取り組めば,雑念が入らず集中できます.

また,後でやろうとしたときは重い腰が上がらずに無駄な時間を生んでしまうこともあります.

むらしんのアイコン画像むらしん

1例として,僕は皿洗いは食事を終えた直後に行っています.
これにより食事と作業時間の切り替えを行なっています.

早起きする

早起きをして作業開始時間を早めると集中力は増します.

特に学生だと午前中は寝ている人が多いため連絡もきません.

面白いテレビ番組もやってないので邪念も少なくなります.

さらに,他人は寝ていると思うことで作業している自分に優越感を感じることができ,作業効率が高まります.

僕は最近は朝7時に起床して8時から作業を始めています.

友達は起きていないのでSNSも滅多に返信が来ません.

午前中は集中力が高まり,作業効率が上がるのでおすすめです.

ただ,早起きするためには当然早く寝ることも必要です.

早起きのコツは以下の記事をチェックしてみてください!

視界に入る前髪は上げる

作業をしてるとき,前髪などが気になってしまうことありませんか?

僕は癖っ毛なので前髪に癖が出ているとどうしても気にしてしまいます.

そこで僕は家ではカチューシャをつけて前髪を全て上げてしまいます.

そうすることで髪の毛が視界に入ることがないので髪の毛による集中の妨げがなくなります.

これをするだけで作業効率はかなり変わるので試してみてください!

眠くなったらコーヒーを飲んで仮眠する

午前から作業をすると午後には少し疲れてくると思います.

そんなときはコーヒーを飲んで20分ほどの仮眠をとりましょう.

20分ほどの仮眠は夜の3時間の睡眠に相当すると言われています.

そのため,疲れたときは仮眠を取ることがおすすめです.

また,コーヒーに含まれるカフェインは吸収に2,30分かかると言われていて,

これらを組み合わせることで仮眠後に眠気が全くなくなり,作業に集中できます.

ただし,20分を大きく超える時間の仮眠をしてしまうと眠気を増幅させてしまいます.

20分後にアラームを設定して決めた時間にはしっかり起きましょう.

さいごに

以上が僕がいつも行なっている集中力を上げるコツです.

家での作業の集中力を上げることで,作業効率が高まり,他人と大きな差をつけることができます.

僕はこれらの方法で授業のテスト勉強だけでなく,大学受験も乗り越えました.

これらは本当におすすめの方法ですので是非試してみてください.

最後までお読みいただきありがとうございました.

目次
閉じる