石巻市の『猫島』で釣りやサイクリングを楽しむ!【宮城県・田代島】

  • URLをコピーしました!

2020年の夏、宮城県石巻市にある田代島に行ってきました。

田代島は野良猫が多いことで有名な島となっています。田代島ではキャンプや釣り、サイクリングを楽しむこともできます。

こちらの記事ではそんな田代島での楽しみ方をご紹介しています。

こんな方におすすめの記事です!
  • 自然の中で休暇を過ごしたい方
  • 釣りやキャンプが好きな方
  • 猫好きの方

とても楽しめる島ですので是非チェックしてみてください。

目次

石巻市にある『田代島』とは?

田代島で出会った第1村猫

田代島(たしろじま)は、宮城県石巻市に属する島で、牡鹿半島の近くにある島です。

猫が多い島として有名で、島には100匹以上の野良猫が暮らしています。

一方で人口は60人程度となっており、人より猫の数が多い島となっています。


漁業が盛んな地域であり、釣りスポットとしても知られています。

宿泊施設も存在し、宿泊客のほとんどが猫好きか釣り人となっています。

田代島へのアクセス

田代島へは石巻港から「網地島ライン」というフェリーで行くことができます。

石巻港-田代島間の片道1250円で所要時間は約40分となっています。

網地島ラインは石巻と田代島、網地島、牡鹿半島の鮎川を繋いでいます。
網地島は東北で最も美しい海を持つ島として有名です。

石巻港では【中央発着所】と【門脇発着所】の二箇所から乗船することが可能です。

中央発着所には有料駐車場、門脇発着所には無料駐車場があります。

田代島には【大泊港】と【仁斗田港】の2つがあります。

猫神社や島の駅などへの観光目的の方は大泊港での下船がおすすめです。なお、大泊港は猫の出現率が仁斗田港よりも低くなっています。

宿泊施設のマンガアイランドや猫との触れ合いが目的の方は仁斗田港での下船がおすすめです。

フェリーは上り下り共に1日3本程運行しています。

運行ダイヤについてはこちらをチェックしてください。

門脇発着所事務局
仁斗田港
むらしん

今回は、仙台からバイクで石巻に向かい、門脇発着所の無料駐車場を利用しました。また、仁斗田港で下船をしました。

駐車場に併設されている事務局にてチケットを購入することができます。

田代島での楽しみ方【旅行記】

フェリーでカモメに「えびせん」をあげる

フェリーと併走するカモメ

フェリーに乗船中、たくさんのカモメが餌を求めてフェリーの近くを飛んでいます。

「えびせん」を持ち、手を船の外に伸ばすと、カモメが上手に食べにきます。

フェリー乗船前に「えびせん」を買って、フェリー乗船中も楽しみましょう。

むらしん

私はえびせんを買ってません…

猫と触れ合う

猫と触れ合うことを目的に田代島に訪れる方も多いと思います。

島を歩いていると至る所に猫がいます。人に慣れているため、逃げずに足元に近づいてきます。

ビニール袋を持っていると「餌をくれ〜」と近づいてきます。

猫に餌を与えることは禁止されています。

仁斗田港船着場


餌を持参した場合、港にある「お預かりbox」に入れましょう。島の方が適切に猫に餌を与えてくれます。

離島に宿泊する

マンガアイランド

田代島にはいくつかの宿泊施設が存在します。

中でもおすすめなのが「マンガアイランド」という施設です。マンガアイランドではコテージまたはキャンプでの宿泊が可能です。詳しくはこちら。

コテージ

しまロッジ

マンガアイランドには5種類のコテージ があり、8,000~9,000円で5,6名で宿泊することが可能です。

コテージは様々な漫画家が猫をモチーフにしてデザインされています。

リビング(海街縁泊より引用)
寝室 (海街縁泊より引用)

こちらはしまロッジの内装です。内装はかなり綺麗でとても快適な空間でした!

キッチンには食器や電子レンジ、炊飯器、冷蔵庫などが用意されています。

調味料はないので持参する必要があります。島内にスーパー等もなので食材も持参しましょう。

キャンプ

今回、キャンプの利用はしませんでしたがキャンプでの宿泊も可能です。

テントサイト利用料1,520円テントを含めたキャンプ用品のレンタルは1,500円です。

バーベキューをする場合はカセットガスを持参する必要があります。

サイクリングで島一周

マンガアイランドでは自転車のレンタルを行っています。

1回4時間で子供用100円大人用200円電動300円となっています。

猫神社

マンガアイランド から「猫神社」や「島の駅」へは遠いため、自転車を利用しましょう。

島一周は5kmほどで、30分程度で一周することができます。

むらしん

島内は登り坂や下り坂が多いため、電動自転車をおすすめします。

サイクリング中も自転車を停めるとすぐに近づいてきます。

猫が飛び出してくることもあるのでスピードを出しすぎないように注意しましょう。

完全初心者でも楽しめる釣り

仁斗田港

田代島は釣りスポットとして有名で、釣りを楽しむのに最適です。

釣竿はマンガアイランドで4時間100円でレンタルを行なっています。

むらしん

夕方から翌日の昼まで200円でレンタルすることが可能でした。

ただし、針や餌は島内に売っていないので持参する必要があります。

サバ
アジ
メバル ハゼ

釣り初心者4人でサビキ釣りを行ったところ、サバ3匹、アジ1匹、メバル5匹、ハゼ3匹釣れました。

釣りの知識がなくてもこれほど釣れるとは思っておらず、驚きです。

釣った魚は焼き魚と素揚げにしていただきました。

むらしん

調味料をもっと買っていけばよかったと後悔しました…

綺麗な離島の夜空

田代島の夜空

明るい街が近くにないため、田代島の夜空はかなり綺麗でした。

肉眼でも天の川をはっきりと見ることができ、今までで1番綺麗な夜空を見ることができました。訪れる際には一眼レフと三脚をお忘れなく!

むらしん

ペルセウス座流星群の見頃だったため、流れ星もたくさん見れました!

マンガアイランドでは天体望遠鏡を1泊100円でレンタルを行っています。

海の幸を堪能

三毛猫の歌

2021年に田代島に再度訪れた際に、『三毛猫の歌』という居酒屋ができていました。

お店は仁斗田港の近くにあり、「田代食堂」という文字ですぐに見つけることができます。。

営業時間は10~21時で、海鮮丼や焼き鳥、お酒等を提供しています。

海鮮丼(1,280円)
牛タンつくね(300円)

私は海鮮丼(1,280円)と牛タンつくね(300円)を注文しました。

海鮮丼は味・ボリュームともに良く、これで1,280円は非常にお得だと感じました。

牛タンつくねも非常に美味しく、一緒に注文してよかったです。

店員さんも優しい方で、次訪れた際も絶対にまた行きたいと感じました。皆様も田代島に訪れた際には是非「三毛猫の歌」の海の幸をご賞味ください!

さいごに|田代島で最高の思い出を作ろう!

以上、猫の楽園「田代島」での楽しみ方のご紹介です。

猫島と呼ばれる通り、島中にはたくさんの猫が生息しているので猫好きには是非訪れてほしいです。

また、田代島では猫との触れ合いだけでなく、釣りやサイクリングなどの様々なアクティビティを楽しむことができます。

むらしん

気になったら行こう!!!

県外からだと訪れにくい場所ではありますが、日帰りでも行けますので気になる方は是非行ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次