【コスパ最強ヘッドホン】Ankerの “Soundcore Life Q10” をレビュー

みなさん,こんにちは.

先日,作業中に音楽を聴くためのワイヤレスヘッドホンが欲しいと思い探していました.

そんな中で見つけたのがAnkerの”Soundcore Life Q10“です.


Soundcore Life Q10は,4千円を切る低価格帯のヘッドホンです.

ヘッドホン初心者なので安さに惹かれて購入してみました.

むらしんのアイコン画像むらしん

安定のAnker製なので間違いはないでしょう.

そこで今回,AnkerのSoundcore Life Q10をレビューを行いました.

購入を検討している方はぜひ参考にしてください.

目次

Soundcore Life Q10 のスペック


Anker Soundcore Life Q10のスペックは以下の通りです.

スペック
Amazon価格¥3,999
カラーブラック,レッド,ブルー
再生可能時間最大60時間
充電時間約2時間
充電端子USB Type-C
重さ約290g
通信方法Bluetooth5.0
ハイレゾ対応AUXケーブル接続時のみ

Soundcore Life Q10はAmazonにて¥3,999で販売されています.

→(補足) AmazonPrimedayのセールでは¥2,999まで値下げしていました.

2時間の充電で最大60時間再生することができ,バッテリー持ちは最強です.

・バッテリー残量が0でも,わずか5分の充電で最大5時間の再生が可能です.

・この価格でハイレゾ対応しているという点も非常に優れています.

マイク搭載なのでハンズフリー通話にも対応しています.

BassUPという機能を搭載しており,ONにすると迫力のある低音を楽しむことができます.

開封

まずは開封していきます.

4千円弱の割には高そうな見た目をしたパッケージとなっています.

むらしんのアイコン画像むらしん

これは期待できそう…

箱を開封すると本体および付属品が登場します.

内容品は以下の通りです.

  • ヘッドホン本体
  • AUXケーブル
  • USB Type-Cケーブル
  • 説明書

なお,説明書は非常に簡略化されているため,詳しい操作方法を理解することが難しいです.

使い方がわからない場合は,こちらの取扱説明書を参考にすると良いでしょう.

本体

本体は写真のように収納されています.

折り畳むことが可能となっており,コンパクトにまとまるので簡単に持ち運び可能です.

取り出してみると本体はこのような見た目となっております.

私はブラックを購入しましたが,デザインが非常にシンプルでカッコいいです.

ブラック以外にはレッド,ブルーの2種類のカラーが用意されています.

ボタンは電源ボタン,音量ボタン(+と-),BassUPボタンの計4つです.

ボタンの数が少なくシンプルなので簡単に操作することが可能です.

音量ボタンの長押しで次の曲や前の曲を再生することができます.

通常時
スライド延長後

伸縮可能なスライドを採用しており,使用者の頭の形に合わせた調節が可能です.

伸縮の幅が大きいのでどんな人にもフィット可能なデザインとなっています.

むらしんのアイコン画像むらしん

私は頭が大きいのでこの設計はありがたいです.

本体を実際に重さを計測したところ285gでした.

といっても285gが他のヘッドホンと比べてどうなのかはっきりわかりません.

そこで私が普段使用している有線のヘッドホン JBL Quantum100と比較してみました.

有線のQuantum100は212gであり,Soundcore Life Q10はさらに約70g重いです.

バッテリーが大容量ということもあり,重くなっているのでしょうか.

正直な感想

開封後,3時間程度Soundcore Life Q10を使用してみました.

使用中に感じたことについてご紹介していきます.

音質について

率直に言うと,音質は値段の割に良いと感じました.

かなり高音質とまではいきませんが,普通に良い音質です.

むしろ,同価格帯のものと比較したらかなり良い音質だと思います.

元々購入を検討していたSONYのWH-CH710Nと比較すると流石に音質は落ちましたが…

むらしんのアイコン画像むらしん

しかしオーディオ初心者なのでこの音質で満足!


BassUP機能について

率直に言うと,BassUP機能は良いが少し疲れると感じました.

BassUPをONにすると低音が強くなり迫力のある音楽を楽しむことができます.

しかし,曲によっては低音が強すぎて耳が疲れてしまいます.

そのため,長時間音楽を聴く際にBassUP機能は不向きだと感じました.

その一方で,短い時間で音楽を楽しむことには向いていると思います.

装着感について

装着感は抜群に良いと感じました.

伸縮可能なスライドのおかげで抜群のフィット感となっています.

イヤーパッドは柔らかく,着け心地は非常にGOODです.

装着感について「きつく感じる」というレビューも見かけましたが私は感じませんでした.

重さに関しては普段使用しているヘッドホンより約70gも重いですがあまり違いを感じません.

3時間程度使用していても全く疲れを感じませんでした.

むらしんのアイコン画像むらしん

長時間作業する人には重く感じるかもしれませんが…

◆総合評価◆

以上を総合的に評価すると,Sound core Life Q10はコスパ最強ヘッドホンです.

4千円を切る低価格ですが,音質が良くフィット感も優れています.

さすがに1万円を超えるヘッドホンには勝てませんが,低価格帯で見たらトップクラスな商品です.

初めてヘッドホンを購入する方,安価なヘッドホンをお探しの方には非常におすすめです.


Q20やQ30との比較

AnkerのヘッドホンにはSound core Life Q10の他にQ20やQ30が存在します.

各モデルのスペックの比較表は以下の通りです.

製品名Soundcore Life Q10Soundcore Life Q20Soundcore Life Q30
Amazon価格¥3,999¥5,990¥8,990
再生可能時間最大60時間最大40時間最大40時間
充電時間約2時間約3時間約2時間
充電端子USB Type-CMicro USBUSB Type-C
アクティブノイズ
キャンセリング搭載
ありあり
専用アプリ対応あり
対応コーデックAAC/SBCAAC/SBCAAC/SBC
ドライバーサイズ40mm40mm40mm
重さ約290g約260g約260g
付属ケーストラベルポーチハードトラベルケース
特徴エントリーモデルアクティブノイズ
キャンセリング(ANC)搭載
専用アプリによるイコライザー設定やANC搭載
参考:Amazon

Q10はAnkerのヘッドホンの中ではエントリーモデルとなっています.

Q20は,Q10にアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載したモデルです.(充電端子は異なる)

Q30は,Q10にANCを搭載した上に,イコライザー機能が搭載されています.

ノイズキャンセリング機能が欲しい方にはQ20やQ30がおすすめです.

・好みの音で音楽を楽しみたい方にはQ30がおすすめです.

結論:Soundcore Life Q10は買い!

以上,AnkerのSoundcore Life Q10のレビューのご紹介でした.

・4千円を切る低価格ですが,高音質で耳へのフィット感も非常に優れていました.

・欠点として,他のヘッドホンと比較すると少々重く約290gとなっていました.

むらしんのアイコン画像むらしん

欠点もありましたが,私自身は買って非常に満足しております.

安価なヘッドホンをお探しの方には非常におすすめの商品です.

気になる方は是非チェックしてみてください.


最後までお読みいただきありがとうございました.

目次
閉じる