美女と野獣 “魔法のものがたり” 体験レビュー【TDL最新情報】

  • URLをコピーしました!

ディズニーランドに新アトラクション「美女と野獣”魔法のものがたり”」が2020年9月28日にオープンしました。

その名の通り、ディズニー映画”美女と野獣”のアトラクションです。美女と野獣をテーマとしたエリアにはアトラクションだけでなく、レストランや建物が公開されています。

先日、実際にこの新アトラクションを体験してきました。そこでこちらの記事では、美女と野獣”魔法のものがたり”の体験レビューをご紹介しています。

◆次の方におすすめの記事です。

  • ディズニーランドが好きな方。
  • 新アトラクションについて知りたい方。
  • 美女と野獣が好きで乗ってみたい方。

アトラクションの詳しい内容はネタバレしておりませんが、お城の内部の写真を掲載しております。少しのネタバレも避けたいという方はお気をつけください。

目次

『美女と野獣 ”魔法のものがたり”』とは?

美女と野獣 “魔法のものがたり”』 はディズニーランドのファンタジーランドに新しくできたアトラクションです。工事開始から約3年、2020年9月28日にオープンしました。

エリア内には、美女と野獣の劇中に出てくるお城や街が再現されています。お城はかなり凝った作りとなっており、本当に映画の中にいるようでした。

むらしん

写真右奥の山の絵はとても大きく、そっちもかなり驚きました。

エリア内ではベルの父モーリスのコテージを見ることができます。

映画の冒頭で出てきたコテージが忠実に再現されており、人気のスポットになっていました。

また、エリア内には映画内でガストンが酒を交わした酒場「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」という名のレストランが建てられています。

こちらではクロワッサンやフレンチトーストなどのパンやスイーツを楽しむことができます。

非常に人気のお店なので、行く際は予約することをおすすめします。

レストランの前にはガストンの噴水が飾られています。ガストンの強さを象徴とする像になっています。

ガストンの像は精巧に作られていて、とても魅力的なものとなっていました。

美女と野獣 ”魔法のものがたり”の体験レビュー

抽選で当たった時間帯にアトラクションに向かいます。アトラクションへは美女と野獣のお城へと進んでいきます。

むらしん

城の内部はどんなになっているんだろう…ワクワク

通路を進んでいくと、お城の真下に辿り着きます。細部まで凝った作りになっており、間近に見るとお城の迫力が増して見えます。

さらに進んでいくと応接間にたどり着きます。暖炉の上ではルミエールとコグスワースが待っています。

むらしん

あんなところにいて可愛いなぁ…

さらに奥ではポット夫人とチップが飾られたテーブルなども見ることができます。他にも映画を再現したお部屋が多数存在します。

それらは、実際に行った際に是非あなたの目で楽しんできてください。

通路を進んでいくと広間に案内されます。広間では王子が魔法をかけられて野獣になるプロローグベルとビーストの初めて対面するシーンが再現されています。

こちらも凄い演出となっていましたので、実際にあなたの目で楽しんで見てきてください。

広間での演出を楽しんだ後は、いよいよアトラクションの乗り場です。アトラクションは魔法のカップに乗って楽しむものとなっています。

魔法のカップは最大10名乗車でき、コロナ対策として2,3席毎にシールドが備え付けられています。1度に6台の魔法のカップで楽しむアトラクションとなっておりました。

アトラクションの詳しい内容については、こちらでは説明しておりません。もっと知りたい方は、実際に足を運んで体験してみるか、他の記事を参考にしてください。

感想

新アトラクション 美女と野獣 ”魔法のものがたり” を実際に体験してみて…

めちゃくちゃ感動しました!

「感動した」という言葉では不十分なくらい衝撃を受けました。美女と野獣が大好きというわけではないのですが、感動で涙が出そうになりました。

ディズニーランドの中ではスプラッシュマウンテンが1番好きだったのですが、それを上回って美女と野獣 ”魔法のものがたり”が1番好きなアトラクションになりました。

むらしん

是非体験していただきたいアトラクションです。

【結論】『魔法のものがたり』は最高すぎた!

以上、美女と野獣 ”魔法のものがたり”の体験レビューのご紹介でした。

実際に乗ってみて、非常に感動的なアトラクションとなっておりました。みなさんも是非この新アトラクションを楽しみにディズニーランドに足を運んでみてください。

以下では、ディズニーチケットを簡単に取る裏技をご紹介しています。こちらの記事も併せてチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる