【ポイント最大44倍】RakutenスーパーSALE ▶︎

おすすめの家庭用ソフトダーツボード 7選【2022年最新版】

  • URLをコピーしました!

最近、おうち時間が増えたことにより人気が急上昇している『家庭用ソフトダーツボード』。しかし、幅広い機能や価格帯のダーツボードがあり、悩んでいる方も多いと思います。

そこで本記事では、おすすめの家庭用ソフトダーツボード7選をランキング形式でご紹介しています。機能や値段から自分に合ったダーツボード選びの参考にしてみてください。

目次

家庭用ダーツボードを選ぶポイント

最近では多種多様のダーツボードが販売されており、1つに絞ることは簡単ではありません。

そこで、家庭用ソフトダーツボードを選ぶときのポイントをまとめてみました。

機能

電子ダーツボードにはスコア自動計算などの機能が備わっています。ダーツボードによっては多くの種類のゲームを搭載しているものもあります。

自分でスコアを計算するのが面倒だという方は機能面を重視して選んでみましょう。

むらしん

自分で計算しながらダーツをやるのはかなり面倒…

静音性

ソフトダーツはダーツがボードに刺さったときの音が非常に大きいという問題を抱えています。そのため、家でダーツをプレイするには騒音問題に注意する必要があります。

ダーツボードの中には静音性に優れた商品も販売されています。大きな音を立てたくないという方は静音性を重視して選んでみましょう。

価格

ソフトダーツの価格帯は3,000~30,000円とかなり幅広いです。自動計算機能や対戦機能、アプリ連携などの機能が搭載されると価格が高くなる傾向があります。

機能や静音性を考慮した上で、自分の予算に合ったダーツボードを選んでいきましょう。

家庭用ダーツボード ランキング

第7位 Sanhazuki ダーツボード (¥5,499)

ダーツ4セット・壁掛けフックを含めたダーツボードセット

スコア自動計算機能18種類のゲームを搭載しているダーツボードです。ダーツ4セットが含まれているのでこのセット1つで直ぐにダーツをプレイできます。

最大8人でプレイ可能なのでパーティーにも最適なダーツボードです。家族や友人と4人以上でプレイしたい方におすすめです。

この商品の情報

  • 特徴:最大8人プレイ可能
  • 付属品:ダーツ4セット
  • 搭載機能:自動計算・CPU対戦・ゲーム
  • 重量:約1,300g
  • 評価:★3.8 (454)

第6位 D.craft Electric Board 501 (¥3,278)

ディークラフト(D.craft)
¥3,580 (2022/12/01 10:45時点 | Amazon調べ)

ダーツ初心者でも簡単に楽しめるエレクトリックダーツボード

スコア自動計算機能搭載でありながら3千円台のコスパ最強ダーツボードです。コンピュータ対戦機能を搭載している点や最大8人プレイが可能な点が特徴です。

また、21ゲーム65通りのゲームを楽しむことができます。

ダーツ2セットが含まれており、できる限り安く抑えたい方におすすめです。

この商品の情報

  • 特徴:最大8人プレイ可能
  • 付属品:ダーツ2セット
  • 搭載機能:自動計算・CPU対戦・ゲーム
  • 重量:約980g
  • 評価:★3.9 (220)

第5位 VDarts H3L (¥48,800)

進化したLED発光グローバルオンラインダーツ

ご自宅で気軽に国内・国外のプレイヤーと対戦することができます。外国のダーツバーとご家庭で対戦できる点もこのダーツボードの特徴です。

スマホと接続することにより、オンライン対戦様々な演出を楽しむことが可能です。

予算が高めで本格的にダーツを楽しみたい方におすすめのダーツボードです。

この商品の情報

  • 特徴:国内・国外のプレイヤーと対戦
  • 付属品:なし
  • 搭載機能:自動計算・オンライン対戦・ゲーム
  • 重量:約5,400g
  • 評価:★3.7 (19)

第4位 GRAN DARTS グランボード3s (¥23,970)

電子ダーツボードNo.1の静音性を実現

衝撃吸収材や構造を改良して抜群の静音性を有するダーツボードです。スマホとの連動により、オンライン対戦様々な演出を楽しむことできます。

センサーシートの素材改良により誤反応を防止しています。さらに、セグメントの品質改良によりダーツの刺さり心地を向上させています。

華やかな演出が可能で、本格的にダーツを楽しみたい方におすすめです。

この商品の情報

  • 特徴:電子ダーツボードNo.1の静音性
  • 付属品:なし
  • 搭載機能:自動計算・オンライン対戦・ゲーム
  • 重量:約3,000g
  • 評価:★4.4 (49)

第3位 GRAN BOARD dash (¥10,480)

Bluetoothでスマホと連動でオンライン対戦

無料アプリは同様機種ではダントツのゲーム数を搭載しています。練習用ゲームCPU対戦だけではなく、パーティーゲームで友達と楽しむこともできます。

世界最大のユーザー数を誇るGRAN BOARDのオンライン対戦で世界中の人とダーツを楽しめます。

オンライン対戦で世界中の人とプレイしたい方におすすめです。

この商品の情報

  • 特徴:世界中のプレイヤーと対戦
  • 付属品:なし
  • 搭載機能:自動計算・オンライン対戦・ゲーム
  • 重量:約1,800g
  • 評価:★4.4 (753)

第2位 DARTSLIVE-200S (¥28,900)

ダーツライブ(DARTSLIVE)
¥32,890 (2022/11/30 09:55時点 | Amazon調べ)

アプリと連動で実践的にダーツがプレイできるダーツボード

よくお店に設置されているDARTSLIVEの家庭版ダーツボードです。専用アプリと連動することで本格的にダーツを楽しむことができます。

従来品よりも静音性ダーツの刺さりやすさが改良されています。

おうちでも本格的にダーツをプレイしたい方におすすめです。

この商品の情報

  • 特徴:Bluetoothでスマホと連動
  • 付属品:なし
  • 搭載機能:自動計算・CPU対戦・ゲーム
  • 重量:約3,680g
  • 評価:★4.5 (448)

第1位 DARTSLIVE-ZERO BOARD (¥6,380)

ダーツライブ(DARTSLIVE)
¥6,707 (2022/11/30 12:32時点 | Amazon調べ)

ワンランク上の静かさを備えたダーツボード

自動スコア計算機能などは搭載していないシンプルなダーツボードです。独自のセグメントを使用しており、抜群の静音性を提供しています。

また、静音性だけではなくデザイン面で優れたインテリア性を兼ね備えています。

究極の静けさにより、場所や時間を気にせずにダーツを楽しむことが可能です。

この商品の情報

  • 特徴:振動や音を極限まで抑制
  • 付属品:なし
  • 搭載機能:なし
  • 重量:約2,000g
  • 評価:★4.5 (615)

以上、7つのおすすめダーツボードのご紹介でした。ちなみに、どれか1つを選べと言われたらダントツで「DARTSLIVE-ZERO BOARD」、予算を気にせず本格的に楽しみたいなら「DARTSLIVE-200S」がおすすめです。

なお、価格は2022年10月現在のAmazonでの価格を表示しています。

おすすめダーツボード早見表

スクロールできます
第1位第2位第3位第4位第5位第6位第7位
製品名DARTSLIVE-ZERO BOARDDARTSLIVE-200SGRAN BOARD dashグランボード3sVDarts H3LD.craft Electric Board 501Sanhazuki
ダーツボード
特徴振動や音を極限まで抑えたダーツボードBluetoothでスマホと連動で本格的にプレイ可能スマホと連動で世界中のプレイヤーと対戦可能Bluetoothでスマホと連動・電子ダーツボードNo.1の静音性自宅で国内・国外のプレイヤーと対戦可能ダーツ2セット付属・最大8人プレイ可能ダーツ4セット付属・最大8人プレイ可能
搭載機能自動計算システム・CPU対戦機能・ゲーム自動計算システム・オンライン対戦機能・ゲーム自動計算システム・オンライン対戦機能・ゲーム自動計算システム・オンライン対戦機能・34種類のゲーム自動計算システム・CPU対戦機能・21ゲーム65通りのゲーム自動計算システム・CPU対戦機能・18種類のゲーム
重量約2,000g約3,680g約1,800g約3,000g約5,400g約980g約1,300g
Amazon価格¥6,380¥28,900¥10,480¥23,970¥48,800¥3,278¥5,499
Amazon評価★4.5 (615)★4.5 (448)★4.4 (753)★4.4 (49)★3.7 (19)★3.9 (220)★3.8 (454)

ダーツボードの人気売れ筋ランキング

各ECサイトでの家庭用ソフトダーツボードの人気売れ筋ランキングも是非チェック!

まとめ

以上、おすすめの家庭用ダーツボード7選のご紹介です。ダーツボード1台あればおうち時間が充実すること間違いなしです。是非自分に合ったダーツボードを手に入れて楽しんでみてはいかがでしょうか?

以下の記事では、壁に穴を開けずにダーツボードを設置する方法をご紹介しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次