【ポイント最大44倍】RakutenスーパーSALE ▶︎

5分でわかる!話題の『NFT』を買う方法の解説【初心者におすすめ】

  • URLをコピーしました!

今話題のNFTを買ってみたいけど方法がわからない…

こんなお悩み抱えている方多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、5分でわかるNFTの買い方を解説していきます。世界最大のオンラインマーケットプレイス『OpenSea』を使った方法です。

暗号資産やNFTの初心者に向けて執筆している記事となっています。NFTの購入に興味がある方はぜひ最後までお付き合いください。

\ 暗号資産取引数No.1 /

目次

『NFT』とは?

最近ニュースなんかでよく『NFT』という言葉を耳にする機会が多くなりました。そもそもNFTとは何なのでしょうか?

NFT(エヌエフティー)とは、Non-Fungible Tokenの略称であり、日本語で「非代替性トークン」という意味を持ちます。非代替性トークンは、代替が効かない唯一無二のトークン(物)を指します。

一方で暗号資産は代替性トークンと呼ばれ、所有者の識別情報などは持たないトークンということになります。

むらしん

簡単に言えば「名前」が書いてある/ない、みたいな

NFTのポイント
  • デジタル資産の所有権を明確にできる
  • 希少価値を守る
  • 話題性があり大注目されている

NFTは、従来のデジタル資産とは異なり、所有権を明確にできるようになりました。所有しているNFTアートの情報に自分が所有している証拠が含まれているイメージです。

また、希少価値の高いものや歴史的な名シーンなどにNFTを応用することで、その希少価値を守ることができます。

NFTにはゲームやアート、ツイートなど、デジタルコンテンツが含まれており、これまでに数円から数十億円で取引されてきました。

現在、NFTの多くがイーサリアムという暗号資産で取引されています。

話題性が高いため投資先としても期待されており、多くの投資家たちが注目しています。今のうちに買っておくと今後価値が上がる可能性もあります。

NFTの購入に興味を持った方は、ここから解説していく購入方法を参考にして安いものから買ってみてはいかがでしょうか?

NFTの購入方法

ここからはNFTの購入方法をステップごとに解説していきます。

STEP
暗号資産の取引所の口座開設

NFTの購入には暗号資産であるイーサリアム(ETH)が必要になります。イーサリアムは暗号資産の取引所で取引することができます。

そのために、最初に暗号資産取引所の口座開設を行いましょう。

暗号資産取引所にはCoincheckやbitFlyer、bitbank、GMOコインなど多くの種類があります。

暗号資産を始めるなら取引手数料や入金・送金手数料が無料で、2021年に暗号資産(仮想通貨)の取扱数No.1に輝いたBITPOINTがおすすめです!

\ 暗号資産(仮想通貨)取扱数No.1 /

STEP
イーサリアムを購入

口座開設が完了したら日本円を入金してNFTの購入に必要なイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

2022年5月現在の1ETHは約26万円ですが、1円からでも購入することができるので気軽に買うことができます。

なお、ここでは入金やイーサリアムの購入は飛ばして、STEP5で買いたいNFTを見つけた時に値段に応じてイーサリアムを購入しても良いと思います。

STEP
MetaMaskに登録
出典 chromeウェブストア「MetaMask」

次に『MetaMask』のウォレットを作成します。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskは、オンライン上で管理する暗号資産用ウォレットです。暗号資産に特化したキャッシュレスサービスみたいなイメージです。

MetaMaskはChrome上の拡張機能、もしくはMetaMaskのアプリで利用することができます。

パソコンの場合はgoogle chromeに追加し、スマホの場合はアプリをインストールしましょう。パソコンの方が登録がわかりやすいのでおすすめです。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ


出典 chromeウェブストア「MetaMask」

chromeに追加/インストールしたらウォレットの作成を行います。利用規約に同意し、パスワードを設定するだけで作成完了です。

英語での表記だとわかりにくい場合、「Setting」から言語を日本語に変更することも可能です。

Google chromeの場合、右上のパズルのアイコン(拡張機能)から開くことができます。

STEP
MetaMaskに入金
出典 METAMASK

ウォレットの作成が完了したら、NFTの購入に必要なイーサリアムを入金します。STEP1で作成した口座から購入したイーサリアムを移しましょう。

アカウントページにあるID(写真だとAccoun1の下)をコピーし、各サービスからID宛に購入したイーサリアムを送金すれば完了です。

サービスによっては手数料がかかる場合があるのでご注意ください。

STEP
OpenSeaで購入する
出典 OpenSeaホームページ

イーサリアムの入金が完了したら、OpenSeaを開きます。

OpenSeaとは?

OpenSeaとは、世界最大規模のNFTオンラインマーケットです。OpenSeaではNFTの出品や購入、オークションへの参加をすることができます。

OpenSeaを開いたら右上の「Explore」をクリックして出品されているNFTの一覧を開きます。安いものは1$ほどでも販売されており、手が出しやすいです。

条件も設定できるので自分好みのNFTを探してみましょう。

出典 OpenSeaホームページ

気になったNFTをクリックして詳細を開くと上記の画面になります。ここではそのNFTの持ち主や価格推移などの情報を確認することができます。

『Buy Now』をクリックすることで購入に進みます。

出典 OpenSeaホームページ

購入画面では1番上に『MetaMask』が表示されるので選択しましょう。初めて利用する場合、OpenSeaとMetaMaskのアカウントを紐付ける手続きを行います。

紐付け後、MetaMaskに十分にイーサリアムが入っている場合はすぐに購入することができます。足りていない場合はSTEP2,4に戻って入金しましょう。

購入前にNFTの金額をしっかりとチェックしましょう。

購入後はアカウントページから自分の所有するNFTを確認することができます。

このようにNFTは口座開設とイーサリアムの取得さえ行えば簡単に買うことができます。気になった方はぜひ手順に沿って試してみてください。

むらしん

早めに始めると得をするかも!?

さいごに|NFTを買うならOpenSeaがおすすめ!

以上、5分でわかるNFTの買い方のご紹介でした。

口座開設して暗号資産の購入さえ完了すれば、NFTは非常に簡単に購入することができます。皆さんもぜひOpenSeaを利用して自分だけのNFTを獲得しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\ 暗号資産(仮想通貨)取扱数No.1 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次