【Office】試用版?Windowsでライセンス認証ができない時の対処法

PCでMicrosoft Office製品のインストールをしなおした際にライセンス認証が上手くいかない、なんてことよくありますよね。でもこの記事にたどり着いたからには安心してください。

こちらの記事では以下のような問題への対処法をご紹介しています。

  • Office Home & Businessをインストールしたのに”試用版(ライセンスなし)”になってしまう。
  • Office Home & Businessのライセンス認証はされているが、Office 365のライセンス認証を求められる。

いずれもWindowsでの問題の対処法となっております。

この対処法は難しくなく、5分ほどで完了するものです。上記のような問題に直面している方は、是非この記事でご紹介している対処法を試してみてください。


目次

Officeのライセンス認証ができない…

古いパソコンから新しいパソコンへライセンスを移行する際、『Officeのライセンス認証が上手くいかない…』なんてことありますよね。

こちらの記事では以下のような問題への対処法についてご紹介しています。

Office製品が試用版になる

Microsoft アカウントページもしくはMicrosoft Storeから所有しているライセンスの製品を確実にインストールしているのに、Office製品を開くと「試用版(ライセンスなし)」となる問題です。

試用版の状態で所有のライセンス認証を行おうとしても上手くいかず、何度インストールし直しても試用版になってしまいます。試用版なので数日しか使えず、期限が過ぎると購入を求められます。

Office 365の認証を求められる

複数のライセンスが認証されており、Office Home & Businessのライセンスは認証されているが、Office 365のライセンス認証を求められるという問題です。

アカウント上ではライセンス認証された製品が2つ以上表示されていると思います。Office 365のライセンス認証を行わないと「ライセンスなし」となり使用が制限されてしまいます。

問題の原因は?

これらの問題の原因は、『ライセンスが複数認証されていること』です。

Office Home & Businessのライセンスからインストールしたつもりでも、何らかの理由で試用版やOffice 365のライセンスが認証されている場合があります。

他のライセンスが認証されているために、正しいライセンスが反映されずにOffice製品が使用できないという問題につながるようです。

そのため、正しいライセンスで認証を完了して使用するには、必要のないライセンス情報を削除する必要があります。

以下からは必要のないライセンス情報をPCから削除する方法について解説していきます。

ライセンス認証が上手くいかない時の対処法

では早速、ライセンス認証が上手くいかない時の対処法についてご紹介していきます。

① プロダクトキーを確認する

まずは自分の所有しているOffice Home & Businessのプロダクトキーを確認します。

Microsoft アカウントページにログインをし、「サービスとサブスクリプション」の購入済みの製品から自分の所有するライセンスを確認することができます。

この後、プリダクトキーの下5桁を使用するので必要であればメモをしておきましょう。

② ライセンス情報を削除する

不要なライセンスを削除して、正しいライセンスだけを残していきます。

まずはライセンス情報を確認するために、PC内にある「OSPP.vbs」というファイルの場所を探します。アドレスバーを開いてそのアドレスをコピーしておきます。

続いて、イセンスを削除するためにコマンドプロンプトを管理者として起動します。コマンドプロンプトのアイコンを右クリックすると「管理者として開く」があると思います。

コマンドプロンプトが起動したら、上で確認したOSPPファイルの位置まで移動するために以下のコマンドを入力しましょう。



移動が完了したら以下のコマンドを入力してライセンス情報を確認します。このコマンドを完了するのに2,3分かかる可能性があります。



完了するとPC内にあるOfficeのライセンス情報の一覧が表示されると思います。ここにライセンスの種類(Office Home & BusinessやOffice 365など)とキーの下5桁が表示されています。

以下のコマンドを入力し、表示されているライセンスのうち必要ないライセンスを削除していきます。この時、①で確認したキーと一致するものを削除しないように注意しましょう。



“Product key uninstall successful”と表示されればライセンスの削除が完了しています。コマンドプロンプト上での作業はこれで終わりです。

③ Office製品を開いて確認する

最後に、WordやExcel等を開いて「アカウント」から正しいライセンスが認証されていることを確認しましょう。

試用版の文字がなく、Office Home & Businessのライセンスが認証されていれば完了です。

上記の手順に従えばこれらの問題を解決することができていると思います。解決できていない場合は、直面している問題がそもそも異なる可能性があります。

さいごに

以上、WindowsでOfficeのライセンス認証が上手くいかないときの対処法のご紹介でした。

難しい作業ではなく、非常に簡単な対処法となっておりますので、Officeが試用版になってしまう問題やOffice 365の認証を求められる問題に直面している方は是非この対処法を試してみてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる