【家庭教師アプリ】クァンダ先生で効率よく稼ぐ方法を解説!

みなさんは“クァンダ”というアプリをご存知ですか?

クァンダには生徒と先生がいて,チャット形式で先生が生徒に問題を教える家庭教師アプリです.

生徒用のアプリもありますが今回ピックアップするのはクァンダの先生についてです.

クァンダ先生では生徒に提示された問題を解くことでアプリ内のコインを稼ぐことができます.

コインはPaypal や Amazon ギフトカードなどと交換することができます.

つまり,クァンダ先生を使えばアプリ内で問題を解いてお金を稼ぐことができるのです.

クァンダ先生の登録・使用方法については以下の記事をチェックしてみてください.

こちらの記事では,クァンダ先生で効率よく稼ぐ方法をご紹介しています.

次のような方におすすめの記事となっています.

・暇な時間が多く,暇つぶしを探している方

・バイトの収入がなく,少しでも稼ぎたい方

・人に教えるのが好きな方

目次

効率よくコインを稼ぐ方法

クァンダ先生は2020年10月現在,常に一般質問が未解決で待機している状態となっています.

(以前は一般質問が少なすぎてコインが貯まらないことがクァンダ先生の問題点でした.)

自分の解ける問題を選べるということから,今のクァンダ先生はコインを稼ぎやすい状態となっています.

むらしんのアイコン画像むらしん

この機会に,以下にご紹介する方法を参考にして効率よくコインを稼ぎましょう.

①科目フィルターの設定

自分の得意な科目のみの問題が現れるように科目フィルターを設定しましょう.

得意科目以外を選択すると問題選択の際に自分にわからない問題が多く表示されるようになります.

そのため問題の閲覧にコインを無駄に消費してしまうことがあります.

なお,数学は「文系数学」と「理系数学」に分かれています.

理系数学の場合,超難関大の理系数学の問題が含まれている場合があります.

数2Bはもちろん,数3を含めて数学が得意な方以外には理系数学はおすすめしません.

写真は見切れており,この他に化学・生物・地学が含まれます.

また,理科「小・中共通理科」「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」の基礎的な分野と,「物理」「化学」「生物」「地学」の専門的な分野を選択することができます.

基礎的な分野は簡単な問題が多いのでおすすめです.

特に「小・中共通理科」は簡単な問題が多いので試しに解いてみることをおすすめします.

一方で専門的な分野は難関大学の2次試験問題レベルが含まれるのであまりおすすめできません.

その科目を専攻していたり,かなり得意科目であるという方以外は避けましょう.

②問題の取捨選択

例1:コスパが悪い問題
例2:コスパが良い問題

問題の中にはコインの量に対して,問題の量に大きな差が存在します.

例1

写真左の問題では5問を解いて1800コインです.

解説のために文字を書いて(入力して)説明する必要があります.

例2

一方で右の問題ではxとyの2問を解いて1950コインです.

図形の問題なので文字よりも図によりわかりやすく解説することができます.

個人間の得意不得意もありますがこのように取捨選択を行いましょう.

短時間で解けてコインが高いものを狙うことで効率よくコインを稼ぐことができます.

③問題の図に書き込んで解説

数学の問題には多くの図形問題が存在します.

図形問題では,問題の図に書き込んで解説することで素早く,且つわかりやすく説明することができます.

そのため,タブレット等でノートアプリを利用して問題の図に書き込んで解説する方法をおすすめします.

写真のように写真と言葉で説明すると効率よく問題を解くことができます.

むらしんのアイコン画像むらしん

僕はiPadで GoodNotes5 というアプリを利用して解説しています.

④ランクを上げて追加報酬

先生のランクを上げることで1問ごとに追加報酬を貰うことができます.

回答数と学生の満足度から先生のランクが決定します.

Sランク以上では750コイン,Aランクでは500コイン,Bランクでは150コインが1問ごとに追加支給されます.

先生のランクを上げるほど,効率良くコインを稼げるようになります.

さいごに

以上が,家庭教師アプリ “クァンダ” で効率よく稼ぐ方法のご紹介でした.

あくまでも著者流の方法となっておりますが,参考にしていただけば幸いです.

クァンダ先生は実際にお小遣いを稼ぐことができる家庭教師アプリとなっているのでおすすめです.

気になる方は是非登録してやってみてください.

以下の記事ではクァンダ先生を1時間使用していくら稼げるかを検証しています.

是非チェックしてみてください.

最後までお読みいただきありがとうございました.

目次
閉じる